意外と簡単!不動産情報を確認する方法

もっと知っておきたいこと

地番の調べ方

いざインターネットで物件の情報を請求しようとする前に、地番を前もって確認しておくことをお勧めします。

地番とは、土地に割り振られた番号です。
住所の一部である何番地、というものとは違う場合がほとんどですので、注意が必要です。

この地番は、家など建物一軒に対して1つ割り振られているのではないため、建物は1軒なのに地番は2つや3つある、という事もよくあることです。

地番は以下の方法で知ることができます。
・インターネットなどから無料検索を利用する
・ゼンリン住宅地図のブルーマップで調べる
・法務局に電話して聞く

ブルーマップは図書館や法務局などに置かれています。
ブルーマップをインターネット上で確認したい場合は有料となりますのでご注意くださいね。

所有者への接触

物件の情報を調べる理由に、その物件や土地を売ってもらいたいから、という理由のことがあります。
そういった場合は、所有者などがわかると、所有者に接触する必要があります。
所有者への連絡には、どのようなものがあるのでしょうか。

最初のアクションとして、手紙を選択することが一番多いのではないでしょうか。
相手の時間をさほど取ることなく、買いたいという意思を伝えることができるためです。
相手にその気があれば、その後電話や直接会うなど、次のステップに移ることができます。
もし、相手に全くその気がなければそこで話は終わり、こちらの時間もあまり無駄にすることがありません。

相手にその気が全くなければ、しつこく何度も連絡を取ることはやめておく方がいいです。
相手を怒らせてしまってもいいことはありませんし、こういった場合、あまり考えが変わることも少ないです。